新着情報一覧

新着情報一覧

小梅「光陽」収穫スタート2015.05.15

品質良く仕上がった小梅「光陽」
品質良く仕上がった小梅「光陽」

 九州でも有数の生産量を誇るJAうめ部会で5月14日、太陽の光が当たる部分が赤く色づくなどの特徴を持つ小梅(品種=光陽)の収穫が一斉に始まりました。

 立花町の同部会員の原孝義さんの園地では、早朝から収穫作業が始まり、梅の実を傷つけないように1つひとつ丁寧に摘み取り、かごに入れていました。

 原さんは「豊作だった昨年に比べると若干量は少ないが、1つひとつの実は大きい。適期防除のおかげで目立った病害虫の被害もなく、品質は上々」と話していました。

 同部会では、葉や実、樹全体に光を十分に当てることや作業の効率化を図るために、数年前から剪定時に梅の樹を低くして枝葉を横に広げる「低樹高栽培」に取り組んでいます。安全に収穫作業等ができるとともに、光が当たることで艶がある色鮮やかな梅ができます。

 小梅は5月下旬まで出荷を予定。青色が鮮やかな大梅「鶯宿(おうしゅく)」の収穫が21日からを予定しており、青色が濃い「玉英(ぎょくえい)」、青・黄色の「南高(なんこう)」と続き、6月下旬まで出荷される予定です。

 

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト