新着情報一覧

新着情報一覧

ブドウ集荷場での就労体験受け入れで農福連携2021.09.13

集荷場で就労を体験する利用者
集荷場で就労を体験する利用者

 筑後市のJA筑後地区センターは、敷地内にあるJA筑後中央集荷場で、障害を持つ人の就労体験を受け入れています。

 就労を体験するのは、同市の社会福祉法人「筑後わかたけ福祉会」の利用者で、体験を通じて、社会感覚や自信を持って社会参画を実現できるよう支援しています。

 この取り組みを始めたのは、昨年から。同法人からJAぶどう部会筑後支部に依頼し、快諾したことから始まりました。体験は9月8~10日の3日間で、今年は利用者3人を受け入れました。利用者は、集荷場のレーンを運ばれてくる約6㎏のブドウのケースを、規格ごとにパレットへ積み、JA職員らのアドバイスを受けながら円滑にこなしていきました。

 同法人では、現在47人の障害を持つ人たちを受け入れています。普段は施設内での就労が主ですが、就労意欲の高い利用者の中には、企業などで就労を体験し社会経験を積む人もいます。

 同法人の小宮雅之施設長は「JAといった地域に根差した団体で就労を体験することで、利用者たちの意欲も上がる。今後も継続して利用者たちの社会参画を支援していきたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト