新着情報一覧

新着情報一覧

旬の味覚タケノコの出荷大詰め2021.04.07

出荷大詰めを迎えた旬の味覚タケノコ
出荷大詰めを迎えた旬の味覚タケノコ

 全国有数のタケノコ生産量を誇る、JAたけのこ部会で、春の味覚タケノコの出荷が大詰めを迎えていま。立花町のJA光友選果場には、連日平均20~30tが持ち込まれています。4月下旬まで、1,300tを関東、関西の市場や福岡県内の加工業者に出荷する見込みです。

 国内生産量の約15%を占める同部会では、約500人が作付けします。令和3年産は、暖冬の影響で、生育が10日ほど前進化しています。生産者の管理もあり、全体的に品質は良好で、砲弾型でボリュームのあるタケノコの出荷が現在まで続いています。

 JA管内で生産されるタケノコは、立花町の中山間地を中心に、特有の赤土を生かした肉厚で柔らかな食味が魅力です。同部会では、生産量確保とより良質なタケノコ収穫のため、約5年周期での伐竹に取り組んでいます。また、作業ごとに講習会を開き、栽培管理の徹底に努めています。さらに、竹林内の農道整備や運搬車の導入など、高齢者や女性生産者にも取り組みやすい省力的な栽培を推進しています。

JA担当職員は「土壌に恵まれたえぐみの少ない八女産タケノコの旬な味覚を味わってほしい」とPRします。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト