新着情報一覧

新着情報一覧

出荷最盛期を控え冬春ナス目合わせ会開く2021.03.25

冬春ナスの出荷規格について入念に確認する参加者
冬春ナスの出荷規格について入念に確認する参加者

 JAなす部会は、3月24日、黒木・立花・筑後の3地区で冬春ナスの出荷規格の目合わせ会を開きました。4月以降の出荷最盛期を控え、部会員全員で出荷規格を統一し、高品質出荷による有利販売を図ることが目的です。3地区合わせて約90人が参加しました。

 目合わせ会では、JA担当職員が、選果基準表や品質基準表、サンプル用のナスを使い、出荷規格について説明しました。参加者は、選果基準を等階級ごとに細かく分けた実物を見ながら、入念に規格を確認しました。

 同部会では、冬春・夏秋の作型で年間を通じて「博多なす」を栽培。昨年9月下旬から出荷が始まった冬春ナスは、3月から連日出荷となり、立花町のJAなす広域選果場には、現在日量10~12t前後が持ち込まれています。

 今後は、新型コロナウイルスの影響がある中、関係市場と連携を取りながら、可能な限り販促活動を行うなど、「博多なす」のさらなる販売強化を目指していきたい考えです。JA担当職員は「出荷後半期に向け、全部会員で品質の統一を図り、高品質なナスを出荷していきたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト