新着情報一覧

新着情報一覧

シャクナゲの「切り枝」出荷がピーク2015.04.23

出荷ピークを迎えたシャクナゲの切り枝
出荷ピークを迎えたシャクナゲの切り枝

 矢部村の特産品「シャクナゲ」の切り枝が出荷のピークを迎えました。

 平成26年から本格的に出荷を始めたシャクナゲの切り枝。26年の出荷総本数約1,600本に対し、27年は出荷初日の4月7日から22日までの出荷総本数が約1,800本と順調に出荷が行われています。集荷日には、日量約300本のシャクナゲがJA矢部地区集荷場に持ち込まれています。

 出荷するのは、花の女王と呼ばれる淡いピンク色の花が咲く「筑紫シャクナゲ」で、4月下旬から大きな花冠と赤やピンクなど豊富な花色が特徴の西洋シャクナゲに切り替わります。西洋シャクナゲの出荷は5月上旬までを予定しており、季節限定の商品です。

 JA担当職員は「庭木や鉢物として一般的なシャクナゲだが、切り枝のシャクナゲは花瓶にさしたり生け花にするなど室内でも楽しむことができる。ぜひ室内にシャクナゲを飾ってほしい」と話していました。

 

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト