新着情報一覧

新着情報一覧

農林水産大臣賞目指し、80人で手摘み2015.04.22

葉の長さに気を付け優しく摘み取る参加者
葉の長さに気を付け優しく摘み取る参加者

 農事組合法人八女中央茶共同組合(代表理事・野上久義さん)の組合員とその家族らが4月21日、八女市の八女中央大茶園で、平成27年夏に静岡県で開催予定の「第69回全国茶品評会」に出品する八女茶の収穫作業に励みました。

 同品評会普通煎茶4kgの部での農林水産大臣賞を目指し、総勢80人で生葉80kg(品種=やぶきた)をすべて手摘みで丁寧に収穫しました。

 乾燥のムラや形状のバラつき等を防ぐため、全員が人差し指の指先から5cmの箇所にペンで印を入れ、指で葉の長さを確認しながら摘み取るなど葉の長さ(一芯二葉)の統一を徹底。各組合員が収穫した生葉をこまめに集め、加工場に持っていくまでの間、冷房車で一時保管するなど鮮度維持にも注意しました。

 野上代表理事は「この茶摘みは、本格的になる収穫作業を前に組合員同士の一致団結や意識向上等も目的としている。組合員、また、その家族が一つになって頑張りたい。4月の適度な降雨量や肥料の効き具合も良く葉の出来は良い。大臣賞受賞に期待したい」と話していました。

 当組合は、八女市東北部の丘陵地帯を農地開発し、経営耕地面積の拡大を図った八女地区福岡県営農地開発パイロット事業の参加農家によって昭和48年に設立。受益農家戸数は24戸で面積は約50haと県内第一の集団茶産地を形成しています。

丁寧に収穫された新芽
丁寧に収穫された新芽
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト