新着情報一覧

新着情報一覧

小学校児童が地元特産八女茶の淹れ方学ぶ2020.12.09

丁寧に急須でお茶を注ぐ児童
丁寧に急須でお茶を注ぐ児童

 JA茶業青年の会筑後支部は、12月4日、筑後市の市立水洗小学校で、「八女茶の淹れ方教室」を開き、5年生の児童27人が、楽しくおいしいお茶の淹れ方を学びました。同支部では、地元特産の八女茶に親しんでもらい地産地消や食育に繋げようと、同市と協力しながら、市内の各小学校で毎年開いています。今年は、新型コロナウイルス感染拡大防止の為、充分に協議を重ね、対策を徹底し開催しました。

 教室では、副支部長の篠原利之さんら筑後支部の生産者が、八女茶の種類や歴史、効能について紹介。実演を交えながらお茶の淹れ方を指導しました。児童らは班ごとに分かれ、湯の温度や量、抽出時間などに注意しながら、紙コップに丁寧にお茶を注ぎました。自分で淹れたお茶を飲んだ松本せなさん(10)は、「急須で淹れるお茶は程よい苦みであったかくておいしかった」と笑顔で話していました。

 日本茶インストラクターの築山さんは「茶はカテキンなど抗菌作用があり、インフルエンザ予防にも良い。家庭で小まめに飲んで楽しんでほしい」と呼びかけました。最後に児童全員には、地元産の一煎パックがプレゼントされました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト