新着情報一覧

新着情報一覧

季節限定の琥珀色!「生キウイワイン」販売開始2020.11.24

瓶詰めされる季節限定の「生キウイワイン」
瓶詰めされる季節限定の「生キウイワイン」

 立花町の立花ワイン株式会社で、冬季限定商品「生キウイワイン」の販売が始まりました。原料には、JA産のキウイフルーツ「ヘイワード」を100%使用。果実本来の風味と香り高さで消費者から毎年人気のワインで、ギフト用に注文する購入者も多いです。

 1本720㎖を1,650円(税込)で約1,000本の限定販売。アルコール度数は7%。工場に併設した直売所やホームページ、地元道の駅などで、来年3月下旬までの販売を予定しています。

 「生キウイワイン」は、通常のワインと異なり、瓶詰め時に加熱処理をしないことで、よりキウイフルーツ本来の味に近づけています。また、酵母が生きているため、発酵による微炭酸の刺激も味わえます。

 製造では、早い段階で発酵を止めることで、アルコール度数を抑えると同時に糖度を残したまま瓶詰めします。また、果肉や酵母をできるだけ残さないようろ過を十分にし、発酵しづらくすることで、ワインの甘みを保たせます。

 毎年、キウイフルーツの出来により微妙に違う味に仕上がる「生キウイワイン」。同社の牛嶋竜也工場長によると「今年産は、甘いキウイフルーツが多いことで、よりまろやかな味に仕上がっている」とのことです。常温だと再び発酵が始まるので、冷蔵庫での保管が望ましいです。問い合わせは、立花ワイン株式会社。八女市立花町兼松726。電話0943(37)1081。定休日は火曜日です。

 他にも、地元農産物を使ったワインを製造・販売している同社では、昨年からイチゴ「博多あまおう」を使用した生ワインの販売を始めた他、イチジクの生ワインも現在試作中です。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト