新着情報一覧

新着情報一覧

中山間地黒木地区でユズの出荷が本格化2020.11.19

出荷が本格化する中山間地黒木地区のユズ
出荷が本格化する中山間地黒木地区のユズ

 JA黒木ゆず研究会で、11月上旬から始まった令和2年産ユズの出荷が本格化しています。黒木町のJA黒木選果場には、現在連日約2.5tが生産者により持ち込まれています。需要が高まる冬至に向けて、年内いっぱいまで、青果を東京・広島・福岡県内の市場へ、原料を福岡県内の加工業者へ出荷。約60tの出荷量を見込みます。

 中山間地で栽培される同町のユズは、昼夜の寒暖差が大きい気候に恵まれた、色味の良さと風味が魅力です。同研究会では、今年産を33人が約530aに作付けします。

 同町の豊田邦明さんの約40aの園地でも、連日収穫作業が続いています。豊田さんによると、今年産の出来は「夏の高温などの影響でやや小玉だが、青果率が高く、品質は今年が一番良い」と太鼓判を押します。

 八女茶栽培と兼業してユズを栽培する豊田さんの園地では、見た目の美しいユズを出荷するため防除を徹底しています。また、2~3月に行う剪定は収量を左右する重要な作業で、枝が密にならないよう古い枝を落とすなど、管理に気を配っています。

 豊田さんは「ユズはこれからの季節が本番。色艶のある青果で秀品のものを多く出荷できるよう励みたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト