新着情報一覧

新着情報一覧

児童みんなで作ったお米「ガッツ米」を販売!2020.11.05

「ガッツ米」を販売する児童ら
「ガッツ米」を販売する児童ら

 八女市立長峰小学校は、毎年、5年生児童に米作りや農業の大切さについて学んでもらおうと、1年間で米作りから販売を体験する総合学習に取り組んでいます。

 総合学習では、同市のイチゴ生産者、樋口賢治さんが中心となり、地元農家や保護者らが講師となり、児童に田植えや稲刈りの他、ポン菓子の加工、販売までを指導します。

 11月5日の学習では、児童らが自ら6月に田植え、10月に稲刈りし収穫した米と加工した「ポン菓子」を校内で販売しました。

 米作りを行った田んぼは、長峰小学校の合言葉にちなんで「峰の子ガッツ田」と名付けられています。児童らが手書きでデザインした袋に米を入れ、「ガッツ米」(1袋5kg=2,000円)として販売しました。購入者には特典として、児童らがデザインした手作りカレンダーやしおりがプレゼントされました。

 また、「ガッツ米」を加工し、イチゴ「博多あまおう」のパウダーをまぶした特製ポン菓子も1個100円で販売しました。

 体験した児童の一人は「田植えも稲刈りも大変だったけど、今日はいっぱい買ってもらえたのでうれしかった」と笑顔で話していました。

「ガッツ米」を販売する児童ら
「ガッツ米」を販売する児童ら
「ガッツ米」を販売する児童ら
「ガッツ米」を販売する児童ら
「ガッツ米」を販売する児童ら
「ガッツ米」を販売する児童ら

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト