新着情報一覧

新着情報一覧

高校生花いけバトルにJAが花材を提供2020.11.04

八女産の花材を使って花を生ける参加者
八女産の花材を使って花を生ける参加者

 福岡県などで構成する「花あふれるふくおか推進協議会」が主催する「第4回全国高校生花いけバトル」福岡大会が、11月3日、福岡市の「アクロス福岡」で開かれました。県内外の高校生13チーム26人が出場し、福岡県産の花材を使いながら即興で花を生け、作品の出来映えを競いました。

 大会には、JA花き生産部会が、輪ギク、スプレーマム、オンシジューム、ガーベラなど、9種類の花材を提供しました。参加者は、用意された切り花、葉物、枝ものといった約50種類の色とりどりの花材の中から、好きな花を選び、5分間という短い時間の中、真剣な表情で花を生けました。1チーム2人で競い、花を生ける所作の他、作品点や表現点が3人の審査員により審査されました。

 優勝した、佐賀県立唐津南高等学校2年生の江口ひかりさんは「八女産の花は遠くから見ても映える美しさが魅力的だ」、同じく2年の笹山舞さんは「最後まで諦めずに生けきれたことが良かった」とそれぞれ笑顔で話していました。2人は、来年1月下旬に香川県で開かれる決勝大会に出場します。

 大会は、新型コロナウイルス感染拡大防止のため無観客で開かれ、大会の模様は動画配信サイト「ユーチューブ」でライブ配信されました。

201103高校生花いけバトルにJAが花材を提供201103高校生花いけバトルにJAが花材を提供 (3)

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト