新着情報一覧

新着情報一覧

就農支援センター研修生がいよいよイチゴ定植作業2020.09.17

イチゴ苗を定植する川島さん
イチゴ苗を定植する川島さん

 JAふくおか八女管内で、令和2年産イチゴ「博多あまおう」の定植が始まっています。新規就農希望者を対象に、農業・経営に関する技術や知識習得に向けた研修を行うJA「就農支援センター」でも9月17日、イチゴでの新規就農を目指す6期研修生5人が、4棟約14aのハウスに、約9,000株を定植しました。

 5人は、同センターのイチゴ指導者の茅島博敏さんの指導の下、植穴に1株1株イチゴ苗を丁寧に定植していきました。

 研修生は、川島潤矢さん、天ケ瀬章さん、上野聖子さん、内田宗宏さん、川田悠斗さんの5人。5人は6月1日に入所し、育苗からハウス内の片付け、土作り、ビニール張りなど、実践を通して栽培技術を学んできました。

 川島さんは「9月の台風が過ぎた後、外していたビニールを張りなおして急ピッチで定植の準備をしてきた。2日間掛けて早期作型(V型)を定植する。収穫は11月中旬になるが、収穫が待ち遠しい」と期待を寄せています。指導者の茅島さんも「今年産は台風対策も万全にでき、病気も少なく、水やりも充分にできたことで良質の苗ができている」と自信を見せています。

JA管内全体では、9月末まで定植が行われる予定です。

イチゴ苗を定植する上野さん
イチゴ苗を定植する上野さん
イチゴ苗を定植する内田さん
イチゴ苗を定植する内田さん
イチゴ苗を定植する天ケ瀬さん
イチゴ苗を定植する天ケ瀬さん
イチゴ苗を定植する川田さん
イチゴ苗を定植する川田さん

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト