新着情報一覧

新着情報一覧

高品質なレタス苗作りで安定した収量確保へ2020.09.16

苗のサンプルを見ながら、育苗管理について確認する参加者
苗のサンプルを見ながら、育苗管理について確認する参加者

 JAリーフレタス部会は、9月15日、八女市で若手生産者育成に向けた播種講習会を開きました。高品質なリーフレタスを収穫するために重要な、播種から育苗までの栽培管理を徹底することで、安定した収量の確保を目指します。新規栽培者など部会員約20人が参加しました。

 講習会では、JA園芸指導課の担当職員が、は種と育苗のポイントについて、実演しながら説明しました。は種では、レタスの発芽適温が15~20℃であるため、その時期に合わせて播種することや、高温期は、午後からは種をすることで、適温に近づき発芽が安定することについて確認しました。育苗では、根がしっかり回った苗姿を目指すため、①朝と昼を中心にかん水すること、②育苗ハウス内では多湿を避けること、③霜に弱いレタスの特性を考慮してハウス内の開閉など、温度管理を十分にすることーなどについて申し合わせました。

 同部会は、令和2年産を70人が56haに作付けします。収穫は10月下旬から始まり、翌5月下旬まで続く見込み。田中秀典部会長は「苗半作と言われるほど、苗の出来がそのまま収穫量につながる。大事に育てて収量増につなげてほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト