新着情報一覧

新着情報一覧

秋の味覚「栗」出荷始まる2020.09.04

出荷が始まった秋の味覚栗
出荷が始まった秋の味覚栗

 JAくり研究会で、8月31日から、秋の味覚、栗の出荷が始まりました。黒木町のJA黒木集荷場には現在、日量平均200ネット(1ネット約500g)が持ち込まれています。最盛期を迎える9月下旬には、700ネット以上になることもあります。10月上旬まで青果・原料合わせて約2万ネットを集荷。広島・福山の市場に出荷する他、原料はJAの加工場に出荷し加工されます。

 同集荷場では、現在「丹沢」「銀寄」「ぽろたん」の3品種を集荷しています。令和2年産は、裏年で生育期に雨が少なかったこともありやや小さめですが、実の付きは良く、色艶・形ともに上々の仕上がりです。

 同研究会では、商品性向上のため、出荷規格に基づいた選別作業を徹底しています。各生産者が収穫後に家庭で、特大・大・中・小に選別してネットに詰め、規格外のものは原料として出荷します。また集荷場では、JA職員がカビや腐れ、虫食いの混入を防ぐため、明るい光の下で厳正に検査し、1箱20ネットで出荷します。

 JA担当職員は「今年産は、病害虫の被害も少なく高品質。季節限定の秋の味覚を是非味わってほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト