新着情報一覧

新着情報一覧

青年部員が腕を競い合ったブドウを収穫し地元小学校に贈呈2020.08.26

児童のためにブドウ「シャインマスカット」を収穫する青年部員
児童のためにブドウ「シャインマスカット」を収穫する青年部員
部員らが腕を競い合い育てたブドウ
部員らが腕を競い合い育てたブドウ

 JAぶどう部会黒木地区の青年部員らが、8月25日、自らが管理する黒木町の約15aの苗床ハウスで、ブドウ「シャインマスカット」を収穫しました。計1,100房を収穫し、うち30房を地元の黒木西小学校4年生児童へ贈呈しました。

 青年部員と同小学校児童は、毎年6月にブドウの摘粒体験、8月に収穫体験を通して交流していますが、今年はコロナ禍により自粛しました。児童たちに、地元特産のブドウに変わらず親しんでほしいと贈呈を決めました。部員17人が協力し、荷詰めまで行いました。

 部員らは、自らの栽培技術の向上ととともに、児童らにおいしいブドウを届けようと、昨年からブドウの「房づくりコンテスト」に取り組んでいます。理想の卵型をした房づくりを目指し、6月中旬に行う摘粒作業を中心に1人3房ずつ管理。この日収穫したブドウを、部会の支部役員が粒張り、房型、房締まりなどを基準に審査し、優勝から3位までを決め表彰しました。

 同地区の加藤聖二部長は「部員が腕を競い合って育てたブドウを食べて、暑い夏を乗り切ってもらえるとうれしい」と話していました。

収穫したブドウを協力して積み込む青年部員たち
収穫したブドウを協力して積み込む青年部員たち
黒木西小4年生児童にブドウを贈呈する青年部員ら
黒木西小4年生児童にブドウを贈呈する青年部員ら

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト