新着情報一覧

新着情報一覧

食味良好!梨「豊水」出荷最盛2020.08.21

作業員によって選果される梨「豊水」
作業員によって選果される梨「豊水」

 JAなし部会で、8月12日から始まった、令和2年産梨「豊水」の出荷が最盛期を迎えています。八女市のJA立野広域集出荷場には、生産者が持ち込んだみずみずしい梨のコンテナが積まれ、活気づいています。現在、連日平均約50tが持ち込まれ、主に福岡県内や関西の市場に続々出荷されています。8月いっぱいまで700tの出荷を見込みます。

 中生種の同品種は、果汁の多さと糖度・酸味のバランスが魅力です。今年産は、春先の天候に恵まれず、結実不良を招きましたが、当初の予想より果実肥大は良好となりました。糖度も平年並みと高く食味は良好に仕上がっています。

 同部会では、同品種を85人が作付けします。選果場では、作業員が果形や傷等を選別し、その後光センサーにより糖度・熟度をチェック。安全・安心な梨の生産出荷に努めています。

 JA担当職員は「剪定や授粉、摘果から適熟収穫まで、部会全体で管理を徹底している。ぜひ多くの消費者においしい梨を味わってもらいたい」と話していました。

 今後は、「甘太」「新興」「王秋」「愛宕」と12月まで出荷が続きます。

選果場に次々と持ち込まれた梨「豊水」
選果場に次々と持ち込まれた梨「豊水」
  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト