新着情報一覧

新着情報一覧

夏に味わうミカンの味 ハウスミカン出荷始まる2020.07.08

基準を確認しながら選果に臨む生産者と作業員
基準を確認しながら選果に臨む生産者と作業員

 JAかんきつ部会温室ミカン研究会で、7月3日から、令和2年産ハウスミカンの出荷が始まりました。立花町のJA北山かんきつ選果場ではこの日、「上野早生」約2.5tが初選果され、契約販売先の生協やJA農産物直売所「よらん野」などに出荷されました。8月上旬に最盛期を迎え、9月上旬まで、約50tの出荷を見込みます。

 初選果では、生産者の立ち合いのもと、選果作業員が着色の状態や果実の形状など選果基準・出荷規格について入念に確認した後、糖度・酸度センサー・腐敗センサーを通し選別しました。

 同研究会は、今年産を5人が約95a(加温面積)を作付け。糖度が高く、果汁たっぷりのミカンを出荷するため、同研究会では、ハウス内の温度や水分を小まめに調整します。特に、かん水量を制限してミカンに水分ストレスを掛ける「水切り」を行うことで、消費者からニーズの高い2S~Mサイズの小玉で濃い黄色のミカンづくりに取り組んでいます。

 古賀浩輝会長は「今年産は質・量ともに例年通り良い。最後まで気を抜かずに高品質なハウスミカンを消費者に届けたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト