新着情報一覧

新着情報一覧

出荷本格化に向けて夏秋キュウリ栽培講習会開く2020.06.25

今後の栽培管理について意見を交換する参加者
今後の栽培管理について意見を交換する参加者

 JA夏秋きゅうり研究会は、6月22日、立花町で、夏秋キュウリの栽培講習会を開きました。出荷本格化に向けて現在の生育状況を確認し、需要期の夏場から10月中旬まで、長期間にわたる高品質出荷で有利販売に備えます。また、次年度以降の新品種導入に向けて、栽培に適した品種を探ります。

 会には、生産者やJA担当職員ら15人が参加しました。参加者は、2か所の園地を巡回し、それぞれの生育状況について確認。誘引や摘芯の方法、追肥のタイミングやかん水の量など、今後の栽培管理について、意見を交換しました。

 同研究会では、令和2年産を13人が2.3haに作付けします。毎年新しい品種を試験的に栽培、成功すれば翌年から本格的に栽培に乗り出すなど、品種の導入に積極的です。

 同研究会の夏秋キュウリは、同町の昼夜の気温差が大きい気候を生かして栽培され、「県境きゅうり」として出荷されます。5~7月と定植時期をずらすことで、作業の省力化を図るとともに、長期に渡る販売で売り場の確保を狙います。

 同研究会の中島次男会長は「収量増と高品質出荷の両方を実現できるよう、今後も品種の更新に力を入れていきたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト