新着情報一覧

新着情報一覧

大麦全量1等スタート!検査程度統一会で規格を確認2020.06.19

検査程度統一会で、規格について入念に確認する参加者
検査程度統一会で、規格について入念に確認する参加者

 JAで、6月19日から、2020年産麦類の検査が始まりました。JAの計3施設で7月下旬まで行われます。初検査では、「はるか二条」を250t検査し、全量1等を記録。整粒率は85%と高い数値となりました。

 今年産は、6月上旬までに、大麦「はるか二条」、小麦「シロガネコムギ」、ラー麦「ちくしW2号」合わせて計約6,634tを荷受けし、いずれも計画比を1~3割上回りました。関係者も「今年産は生育期の天候に恵まれ、大麦小麦ともに収量・品質ともに上々の出来」と口をそろえます。

 初検査を迎えたこの日、筑後市のJA筑後カントリーエレベータ(CE)で、検査事前説明会と検査程度統一会を開き、専任検査員やJA担当職員ら16人が参加しました。検査要領、検査日程などについて確認した後、参加者は、皿に並べられた9種類のサンプルを見ながら、1等・2等・規格外についての検査統一基準を確認しました。検査後は、JA全農ふくれんを通して出荷・取引されます。

 JA担当職員は「今後も適正かつ確実な検査で、高品質な福岡県産麦の消費拡大に貢献していきたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト