新着情報一覧

新着情報一覧

祈願祭開き、豊作・良質祈る2015.04.17

広大な茶園のもとで行われた祈願祭
広大な茶園のもとで行われた祈願祭

 昨年の全国茶品評会で普通煎茶4kgと玉露の部で農林水産大臣賞を受賞し、名実ともに日本一となった「福岡の八女茶」の新茶シーズンが到来し、八女市新茶祈願祭実行委員会が4月16日、「第43回八女市新茶祈願祭」を八女中央大茶園五社神社で開きました。

 神事では、新茶を注いだ献茶などが執り行われた後、松延昭仁実行委員長や久保薫JA組合長らが玉串をささげ、平成27年産の豊作や良質、農作業などの安全無事を祈りました。

 27年産は、3月下旬に若干の冷え込みがあったものの4月の降水量もあり順調に新芽が生育。晩霜の被害もなく、茶業関係者らは今年も良い新茶が採れると期待しています。

 松延実行委員長は「八女市のキャッチフレーズは『茶のくに 八女・奥八女』。私たちはその名に恥じぬよう、安全・安心で信頼を得るおいしい茶作りに励んでいかなければならない。この新茶シーズン、街中がお茶の香りで包まれる、そのような雰囲気・イメージ作りにも貢献したい」と力強く話していました。

 久保組合長は「多くの人が急須でお茶を淹れて飲んでもらえるように、どのような姿なら消費者が八女茶を飲んでくれるか、みんなで知恵を出し合い開発する必要がある。まずは品質にこだわり、立派なおいしいお茶の生産に励む。そして、茶業関係者と一丸となってPRにしっかり取り組んでいきたい」と話していました。

 「福岡の八女茶」の初取引は、20日に八女市のJA全農ふくれん茶取引センターで予定されています。

 

玉串をささげる松延実行委員長
玉串をささげる松延実行委員長

玉串をささげる久保組合長
玉串をささげる久保組合長

手摘みされた新芽
手摘みされた新芽

新芽の天ぷら
新芽の天ぷら

 

新芽の色が美しい八女中央大茶園
新芽の色が美しい八女中央大茶園

 

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト