新着情報一覧

新着情報一覧

高品質で希少な味!サクランボ出荷本格化2020.05.14

集荷される井手さんのみずみずしいサクランボ
集荷される井手さんのみずみずしいサクランボ

 黒木町のJA黒木中央選果場で、5月6日から始まったサクランボの出荷が本格化しています。JA管内では、同町の井手新次郎さん1人がサクランボを栽培しています。井手さんは「紅さやか」「佐藤錦」「山形美人」「紅秀峰」の4品種を、約15aに無加温ハウスで栽培。年間通して約300㎏を出荷します。この日は濃厚な色味と甘みが魅力の「山形美人」を40パック(1パック100g)持ち込みました。全品種通して、5月下旬まで京都の市場に出荷される他、JA農産物直売所「よらん野」でも販売されます。

 井手さんが作るサクランボは、実の中に凝縮されたみずみずしい甘さが魅力で、糖度は平均15~20度になります。その品質の高さや希少性から、市場では1パック700円の高値で取引されることもあるそうです。

 井手さんの園地では、昼夜の気温差が激しい中山間地の気候を生かしながら、有機質肥料にこだわり栽培します。また、光の当たり加減を考慮したダイヤモンド型のパックに実を上にして詰めることで、サクランボを宝石に見立てた演出にもこだわっています。

 20年以上サクランボ栽培を続けている井手さんの園地では、品種ごとに色や味が違うため、長年の経験を生かしつつ実際に食べて味を確認することで、適熟収穫に努めています。

 井手さんは「今年産は暖冬の影響で栽培管理に苦労したが品質は上々。地域では珍しいサクランボをぜひ味わってほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト