新着情報一覧

新着情報一覧

ガーベラの出荷が最盛2020.03.31

出荷最盛期を迎えた色とりどりのガーベラ
出荷最盛期を迎えた色とりどりのガーベラ

 西日本一のガーベラ生産量を誇る、JA花き部会広川ガーベラ部で、ガーベラの出荷が最盛期を迎えています。現在、広川町のJAガーベラパッキングセンターには、日量約3~5万本が持ち込まれ、関東や関西、福岡などの市場に出荷されています。需要期に本来あるはずの入学式や送別会、結婚式などのイベントが自粛され、厳しい販売状況が続いていますが、大切な人に花を贈ってほしいと、生産者は日々収穫に励んでいます。5月上旬まで最盛期が続き、年間通して約500万本の出荷を見込みます。

 同部は、現在約130品種のガーベラを8人が2.4haに作付けします。消費者の需要の変化に応じ、毎年、新品種を約30種類ほど取り入れる一方、「サクラ」「ウララ」「ディズニー」など、同部オリジナルで定番の品種も人気です。

 完全共選共販制を敷く同部では、同センターに持ち込まれたガーベラを、作業員が選花や保護キャップ付け、箱詰めまで分担して行います。花の鮮度を保つため、大型冷蔵庫で予冷するなど、品質管理を徹底しています。

 同部の山下和彦部長は「今の時期のガーベラは花持ち、花付きが良く高品質なものが多い。好きな色や種類を選んで花を贈ってほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト