新着情報一覧

新着情報一覧

茶商と協力し高品質な茶生産販売へ2020.03.02

互評会で茶の外観を審査する茶商ら
互評会で茶の外観を審査する茶商ら

 「八女伝統本玉露」の産地として知られる、JA茶業部会黒木支部は、2月21日、黒木町のJA黒木地区センターで、茶商を招き交流会を開きました。4月から始まる一番茶収穫に向けて、茶商と協力しながら高単価での販売を狙い、茶業振興を図ります。茶生産者や県内の茶商ら約50人が参加しました。

 交流会では、昨年収穫した一番茶(荒茶)の互評会を開き、昨年産の出来を踏まえながら、消費者に好まれる茶の傾向、令和2年度産の販売方針などについて意見を交換しました。互評会では、「やぶきた」「さえみどり」など煎茶と冠茶計26点が出品され、参加者は、並べられた荒茶サンプルに顔を近づけ、外観・香気・水色・滋味について審査しました。茶商からは「山のお茶らしく、香りが強くコクのあるものがほしい。来年度産も高品質な八女茶を期待している」と話がありました。

 同支部では現在、短期雇用システムを導入し、全国各地より、茶摘み作業の補助や製茶工場での作業などを担当するアルバイターを各茶工場で募集活動を行っている他、中山間地における組織的生産体制づくりに取り組んでいます。

 同支部長の徳永毅さんは「中山間地である黒木町の強みを生かした伝統本玉露をはじめ、茶商に1円でも高く売ってもらえるよう、品質の底上げに部員全体で取り組んでいきたい」と話していました。

互評会で茶の外観について審査する生産者ら
互評会で茶の外観について審査する生産者ら
  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト