新着情報一覧

新着情報一覧

家族経営協定、意欲的に楽しく働ける農業経営を目指す2020.02.28

家族経営協定を結んだ田中さん家族と立会人(前列左から田中登さん、田中大貴さん、實本委員長、下川センター長、後列左から塚本康博さん、塚本郁英さん、宮内歩さん、宮内洋輔さん)
家族経営協定を結んだ田中さん家族と立会人(前列左から田中登さん、田中大貴さん、實本委員長、下川センター長、後列左から塚本康博さん、塚本郁英さん、宮内歩さん、宮内洋輔さん)

 筑後市と同市農業委員会、JAは2月28日、JA筑後地区センターで家族経営協定調印式を開きました。

 同市で普通作とトマトを栽培する田中登さん・大貴さん親子と、平成30年に就農しトマトを栽培する宮内洋輔さん・歩さん夫妻、JA就農支援センターの研修生で令和2年6月にイチゴ生産者として新規就農を目指す塚本康博さん・郁英さん夫妻が協定を結びました。

 家族で農業を営む農家は、一般的な企業と比べて仕事と生活の境目が明確ではなく、世帯員の役割や労働時間、報酬など就業条件が曖昧になりがち。そこで、農業を経営主だけでなく、配偶者や後継者にとっても魅力的でやりがいのある仕事にするため、目指すべき経営の姿や家族全員が意欲的に働ける環境整備について話し合い、家族が互いを尊重できるルールを取り決めるのがこの家族経営協定です。同市では平成9年から協定締結を進め、今年度までに市内で117経営体が締結しました。

 調印式に出席した3家族は、市農業委員会の實本太会長とJA筑後地区センターの下川祐樹センター長立ち合いのもと、経営の役割分担や労働時間・休日といった就業条件、収益配分、福利厚生など、家族で決めた項目を記載した協定書にそれぞれ記名、押印。家族経営協定の締結には、役割分担や就業条件を明文化するだけではなく、資金の補助や融資を優先的に受けられるなどのメリットもあります。田中登さんは「昨年1月に息子が就農して、一緒に頑張っている。今回の協定締結で、今まで以上にやりがいを感じて農業に励んでくれるとうれしい」と期待を寄せています。

協定書に署名する塚本さん夫妻
協定書に署名する塚本さん夫妻
協定書に署名する宮内さん夫妻
協定書に署名する宮内さん夫妻
協定書に署名する田中さん親子
協定書に署名する田中さん親子
協定書に押印する實本会長㊨と下川センター長
協定書に押印する實本会長㊨と下川センター長

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト