新着情報一覧

新着情報一覧

立花の梅満開!第31回夢たちばな観梅会2020.02.17

白色の梅の花が一面に広がる谷川梅林
白色の梅の花が一面に広がる谷川梅林

 九州有数の梅の産地、立花町の谷川梅林で、2月15日から「第31回夢たちばな観梅会」(主催:夢たちばな観梅会実行委員会)が始まりました。見頃を迎えた梅の花を見ようと、連日各地から花見客が訪れています。

 谷川梅林一帯は、九州の梅の三名園の一つとされています。地元梅生産者の協力で開放された、約80haの広大でなだらかな園地には白梅約2万本が広がります。関係者によると、今年は暖冬の影響で開花が例年より早まり、現在では大梅・小梅ともほぼ満開で見頃を迎えています。15日には、来場者は梅の小径での散策や記念撮影など、この時期にしか見ることのできない風景を楽しんでいました。

 会場ではキウイフルーツなどの農産物や特産品を販売。さらに、梅林横のワインセラートンネル内では、約3千本の竹あかりが灯される「竹あかり幻想の世界&男ノ子焼特別展」が開かれています。2月22、23日にはイベント広場で、ヒップホップダンスやミニライブなども開かれる予定です。開催期間は2月23日までで、約3万人の来場者を見込みます。

満開を迎えた梅の小径で散策を楽しむ来場者
満開を迎えた梅の小径で散策を楽しむ来場者
  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト