新着情報一覧

新着情報一覧

キウイフルーツ「ヘイワード」出荷順調2020.01.07

県内唯一の専用糖度センサーで選果されるキウイフルーツ「ヘイワード」
県内唯一の専用糖度センサーで選果されるキウイフルーツ「ヘイワード」

 JAキウイフルーツ部会で、主力品種「ヘイワード」の出荷が順調に進んでいます。令和2年は、1月6日から出荷が始まり、現在日量平均約30tを関東や関西の市場など出荷しています。4月上旬まで販売数量3,500t、販売高16億円を目指します。

 国内有数のキウイフルーツ収穫量を誇る同部会は、部会員数約500人が190haに同品種を作付けしています。市場、消費者からの要望に応じ、JA立花中央選果場で専用の糖度センサーを通し厳正に選果後、隣接する追熟庫で追熟処理を施し食べ頃のヘイワードを出荷します。高糖度のものは「博多甘熟娘(はかたうれっこ)」として販売しています。

 6日には初荷式を開き、部会役員やJA役職員約20人が出席。今年の幸先の良いスタートに期待を込めました。JA担当職員は「最近では、健康志向の消費者が増えていることから、キウイフルーツの需要は高い。高品質な福岡県産キウイフルーツの魅力を今年も全国の消費者にPRしていきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト