新着情報一覧

新着情報一覧

クリスマス需要に向けてバラ出荷順調2019.12.16

高級感のある深紅の花でクリスマスに人気の高いバラ「サムライ08」
高級感のある深紅の花でクリスマスに人気の高いバラ「サムライ08」

 JA花き部会バラ部で、クリスマス需要に向けてバラの出荷が順調に進んでいます。同部は、令和元年産は生産者3戸が約1.2haに作付け。11日は、152箱(1箱40~50本)が、八女市のフラワーセンターに持ち込まれ、九州や関西の市場に出荷されました。

 バラは秋口から出荷が本格化し、翌4~5月にかけて最盛期を迎えます。同部では、クリスマスに特に市場からの引き合いが強い赤色の花を中心に13品種を栽培。需要期に向けた売り込みをかけています。

 この日、96箱を持ち込んだ、八女市の大隈正博さんの園地でも、真っ赤に色付いたバラの収穫に追われています。大隈さんは約66aに7品種のバラを栽培します。今年産は、秋口にかけて出荷が伸び悩みましたが、病害虫対策など栽培管理を徹底したことで生育が回復。高品質なバラ出荷に向けて順調な仕上がりを見せています。

 この時期に、特に人気のある品種は「サムライ08」という赤いバラです。高級感のある深紅で大輪の花が魅力で、贈答用からブライダル関係まで幅広い需要があります。

 正博さんの息子、瑛博さんは「栽培では、安全・安心なバラづくりにこだわっている。JA産のバラは、スタンダードな品種が多く、日持ちも1か月ほどと良いので、是非大切な人に贈ってほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト