新着情報一覧

新着情報一覧

正月の縁起物「千両」出荷始まる2019.12.09

赤い実と深緑の葉が美しい千両を手にする田中さん
赤い実と深緑の葉が美しい千両を手にする田中さん

 JA花き部会で、12月7日、正月の縁起物として人気が高い常緑樹「千両」の出荷が始まりました。

 広川町の上広川選果場では、12月2日から集荷作業が始まりました。生産者2人が持ち込み、JA職員によって選別・結束された後、九州一円や関西の市場に「広川千両」として出荷されました。10日に長崎市内の市場で行われる初競りを皮切りに、各地で「千両大市」がにぎわいを見せます。

 鮮やかな赤い実と、深緑の葉のコントラストが美しい千両は、別名「草珊瑚」とも呼ばれています。正月飾りとして松竹梅と一緒に飾られることが多いですが、近年では、洋花と合わせて楽しむフラワーアレンジメントとしても人気があります。JAでも、そのような幅広い需要に対応するため、実付き・長さなど10階級ほどに分けて選別し、出荷しています。栽培面でも、茎や枝の長さを需要に応じて調整するなど工夫しています。

 令和元年産は、梅雨明けが遅かったことや夏場の猛暑の影響で収量は例年よりやや少なめです。同町で30年以上千両の栽培を続けている田中健一さんの園地では、土壌管理や寒冷紗を使っての遮光など、実の付きや葉の色をよくするための栽培管理を徹底しています。

 田中さんは「千両は日持ちもよく、直射日光を避ければ2月ごろまで咲き続ける。正月飾りはもちろん、冬の観賞植物としても楽しんでほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト