新着情報一覧

新着情報一覧

水洗小学校児童がフラワーアレンジメント体験2019.12.03

フラワーアレンジメントを通して地元産の花に親しんだ児童
フラワーアレンジメントを通して地元産の花に親しんだ児童

 JAや行政・関係機関で構成する、筑後市地産地消推進協議会は、11月22日、筑後市立水洗小学校で、フラワーアレンジメント体験を開きました。

 この体験は、JA管内が花の生産地であることを小学生に知ってもらい、実際に触れることで花に親しみを持ってもらおうと、「花育」活動の一環として毎年開かれています。今年は、筑後市の小学校計8校に出向きます。

 11月22日は、小学生児童24人が参加しました。体験では、筑後市の花き生産者下川将史さんが、児童に向けて、JA管内が全国有数の電照菊産地であることや、西日本一のガーベラ産地であることなどを紹介。児童はJA職員や生花店店長などの指導を受けながら、ガーベラやセンニチコウ、オンシジュームなど、地元で生産された色とりどりの花を、ハサミで切りながら丁寧に飾り付けました。

 体験した北島彰子さんは「葉っぱやヒメリンゴなど、飾りつけを考えるのが楽しかった。家に帰って玄関に飾ってみたい」と話していました。

 この日は「いい夫婦の日」にあたり、児童にはメッセージカードが渡されました。下川さんが「家族への日頃の感謝の気持ちを綴って、花と一緒にプレゼントしてみてください」と呼びかけると、児童は笑顔で応えていました。191122水洗小児童がフラワーアレンジメント体験

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト