新着情報一覧

新着情報一覧

八女農業高校1年生が林業を学ぶ2019.11.26

講師の指導の下、真剣な表情で伐採作業を行う髙松くん
講師の指導の下、真剣な表情で伐採作業を行う髙松くん

 福岡県立八女農業高等学校は11月21日、八女市黒木町にある同校の演習林で林業体験学習を行いました。

 この演習には、1学年全生徒約120人が参加。森林組合や同校の同窓生ら30人が指導を行い、安全に樹木の伐採や草刈りを体験しました。

 同校では、通常の授業では学ぶことが難しい林業技術習得をはじめ、間伐や草刈り作業を通して環境保全の大切さを学んでもらおうと毎年この時期に必ず同実習を行っています。

 演習林は、昭和15年に同校職員および生徒の手によって植林。面積約13ha、主にヒノキ、スギ、クヌギが植林されています。

 生徒らは16班に分かれそれぞれのエリアで黒木林業振興会の林業農家らの指導の下、樹木の伐採や草刈りを体験しました。チェーンソーによる樹木伐採を体験した髙松尚輝さん(16)は「初めてチェーンソーを使ったので、怖かった。講師の先生から分かりやすく指導していただいたのできれいに切ることができました」と笑顔で話していました。

講師の指導の下、真剣な表情で伐採作業を行う生徒
講師の指導の下、真剣な表情で伐採作業を行う生徒

191121八女農業高校1年生が林業を学ぶ (4)191121八女農業高校1年生が林業を学ぶ (8)

191121八女農業高校1年生が林業を学ぶ (7)

191121八女農業高校1年生が林業を学ぶ (3)

 

 

 

 

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト