新着情報一覧

新着情報一覧

黒木地区でコンニャクイモ集荷始まる2019.11.20

集荷されるコンニャクイモ
集荷されるコンニャクイモ

 黒木町のJA黒木地区センターで、11月13・14日の2日間、コンニャクイモの集荷が行われました。6人の生産者の出荷があり計195㎏を集荷しました。矢部村のJA矢部加工場へ出荷され、加工された後、Aコープや生協などで販売されます。また、11月16・17日に同村で開かれた「矢部まつり」で、手作りコンニャクを実演販売。760個を完売し、長蛇の列ができるほど好評でした。

 コンニャクイモは、定植から収穫まで、2年以上かかるものがほとんどで、大きいものでは3㎏ほどになります。JAでは、250g以上のものを集荷し、生産者が各家庭で傷などがないか選別し、A品とB品に分け、集荷場に持ち込みます。さらに集荷場でJA職員により再度選別するなど、品質管理を徹底しています。

 JA産のコンニャクは、精粉などを混ぜず、生イモだけで作られることによって、歯ごたえが良く味も染み込みやすいです。同加工場の担当職員は「コンニャクは食物繊維が豊富で、美肌にも効果がある。安全安心にもこだわっているので、是非食べてほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト