新着情報一覧

新着情報一覧

昔の農具を使いちびっこたちが疾走!2019.11.12

「きんま」を使い懸命に走る参加者
「きんま」を使い懸命に走る参加者

 木材を山中から運び出す農具として使われた木ぞり「木馬(きんま)」を引き、タイムを競う「第19回ジュニアきんまレース大会」が11月9日、八女市上陽町の春の山公園で開かれました。小学校4年生以下の部と6年生以下の部に分かれ、計60チームが競いました。

 レースは、俵(4年生以下が80㎏、6年生以下が120㎏)を載せたきんまを3人1組で押すか引くかしながらゴールを目指すというものです。どのチームも悪戦苦闘しながら折り返しコース42.195mを駆け抜けました。上位入賞者には、地元の特産「上陽牛10㎏」「上陽豚10㎏」など賞品が贈られました。参加した児童の一人は「初めて引いたきんまは思った以上に重く、折り返しが難しかった。来年は優勝を狙いたい」と笑顔で話していました。

 10日には、「一般部門」と「レディース部門」に分かれた「第27回全日本きんま選手権」も開かれ、盛り上がりました。

 JA上陽地区センターが協賛した同大会では、併設会場で、「上陽地区ふれあい農業まつり」も開かれ、青年部や女性部による食品・農産物販売などで、JAをPRしました。

191109昔の農具使いちびっこたちが疾走! (3)191109昔の農具使いちびっこたちが疾走!

 

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト