新着情報一覧

新着情報一覧

園児が地元特産ミカンの収穫を体験!2019.11.06

持丸さんに教わりながらミカンを収穫する園児
持丸さんに教わりながらミカンを収穫する園児

 八女市立花町北山のさくらんぼ高等保育園の園児18人は、11月5日、同地区で、地元特産のミカンの収穫体験を楽しみました。子どもたちに、同町で生産が盛んなミカンに親しんでもらおうと、JAかんきつ部会青年部員の持丸雅彦さんやJAの協力のもと、今年初めて開かれました。

 北山地区のミカン団地にある持丸さんの1haの園地で開かれた体験では、持丸さんやJA園芸指導課の担当職員が、たわわに実ったミカン「北原早生」の収穫方法を説明。園児たちは、ハサミの使い方などを教わりながら1人ずつ丁寧に収穫。1人2個ずつの収穫を楽しみました。

 収穫を体験した、実家がミカン農家だという松浦奈々ちゃん(6)は「おじいちゃんの家にいっぱいあってミカンは大好き。採れたてのミカンは酸っぱくなくておいしかった」と笑顔で話していました。

 ミカン園地に足を踏み入れた児童たちは「いっぱいミカンがある」「とっても大きい」と歓声を上げるなど興味津々の様子でした。最後に園地からの景色を見渡しながら、昼食と一緒にミカンを笑顔で頬張りました。191105園児がミカン収穫を体験191105園児がミカン収穫を体験 (2)

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト