新着情報一覧

新着情報一覧

ガーベラの出荷が本格化2019.10.23

出荷が本格化したガーベラ
出荷が本格化したガーベラ

 西日本一のガーベラ生産量を誇るJA花き部会広川ガーベラ部で、令和元年産ガーベラの出荷が本格化しています。周年を通して出荷する同部では、今年5月以降に定植したものが、現在開花期を迎えています。10月19日、JA下広川ガーベラパッキングセンターでは、約3万本が持ち込まれ、福岡や関西、関東などの市場に出荷されました。最盛期を迎える今後は、日量6万本を出荷し、年間で500万本を見込みます。

 今年産は、豪雨や台風17号などの影響で収量はやや少なめですが、株の樹勢回復管理をするなど、生産者の徹底した栽培管理で、花付きよく高品質な仕上がりを見せています。

 完全共選共販制を敷く同部では、同センターに持ち込まれた色とりどりのガーベラを、17人の作業員が、選花や保護キャップ付け、箱詰めまで分担して行います。中輪・大輪・ポンポンなど、花の種類によって本数を変え箱詰めしています。また、花の鮮度を保つため、10度前後の大型冷蔵庫に予冷するなど、品質管理を徹底しています。

 同部は、約130品種のガーベラを8人が2.4haに作付けします。消費者の需要の変化に応じ、毎年、新品種を約30種類ほど取り入れる一方、「サクラ」「ウララ」「ディズニー」など、同部オリジナルで、定番の品種も人気です。作業員の一人は「毎年、今の時期から春先にかけて忙しくなる。良質なガーベラを全国の消費者に届けられるよう、協力しながら作業に努めたい」と意気込んでいます。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト