新着情報一覧

新着情報一覧

良質な一番茶収穫に向けて秋整枝講習会開く2019.10.17

枝の揃い具合など秋整枝を学ぶ参加者
枝の揃い具合など秋整枝を学ぶ参加者

 JA茶業部会では、来年の良質な一番茶収穫に向けて、JA管内の各地区で、秋整枝講習会を開いています。10月16日には、八女市で開き、川崎・上妻・立花地区の生産者9人が参加しました。

 一番茶の萌芽を揃えるために行う秋整枝では、茶樹の樹勢や葉の硬化を観察し、それぞれの茶園に適した芽数を調整する技術が必要とされます。講習会では、乗用摘採機によって実際に整枝し、手で触れながら枝の揃い具合や芽数、樹勢などを確認しました。

 今年は、夏場の定期的な降雨により、ここまで順調に秋芽が伸長しています。本整枝では、平均気温が19度以下になる10月中旬~下旬に行うことや、樹勢維持のため、葉層を10cm以上確保することなどを申し合わせました。また、今後の病害虫防除や、来春の茶園管理などについても確認しました。

 JA茶業課の担当職員は「秋整枝は、来春の一番茶の収量や品質を左右する大切な作業だ。生育状況や今後の気温の推移を見極めながら、茶園の管理に努めてほしい」と話していました。

整枝しながら学ぶ参加者
整枝しながら学ぶ参加者
  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト