新着情報一覧

新着情報一覧

Fコープ組合員らが茶摘み体験や淹れ方教室で八女茶生産を学ぶ2019.10.10

学んだおいしいお茶の淹れ方を実践する参加者
学んだおいしいお茶の淹れ方を実践する参加者

 JAとエフコープは、10月5日、県内のお茶生産について学び、農業の必要性や大切さを理解し地産地消に繋げようと、Fコープ会員の親子ら20人を招き、産地交流会「秋の茶摘み体験」を開きました。

茶摘み体験は、JA茶業部会筑後支部(角道登支部長)部会員の茶園で開かれました。

 体験に先立ち、角支部長が参加者に向けて「お茶離れが進む若い世代の方々に茶葉に触れてもらい少しでも興味を持ってほしい」とあいさつしました。

 体験では、参加者は生産者に「おいしい茶葉の見分け方」や「お茶の製造工程」などについて質問しながら茶摘みを楽しみました。

 茶摘み体験後、JA本店別館で同部会員の永松優次さんを講師にお茶の淹れ方教室を開きました。

 カテキン、カフェインなどの苦み成分の抽出を抑えるため、お湯の温度を冷ますことや味が均一になるように複数の湯飲みに少量ずつ順番に注ぐことなど、おいしいお茶を淹れるための技法を学びました。自分たちで淹れた八女茶を飲んだ参加者は「こんなに甘くておいしいお茶を飲んだのは初めて。家でも急須でお茶を淹れたいな」と笑顔で話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト