新着情報一覧

新着情報一覧

米「元気つくし」乾燥・調製作業が順調2019.10.08

荷受けされる米「元気つくし」
荷受けされる米「元気つくし」

 JA各地区のカントリーエレベーター(共同乾燥・調製施設・以下CE)などで、令和元年産米「元気つくし」の乾燥・調製作業が順調に進んでいます。

 「元気つくし」は、JA管内で生産される米としては主力品種で、しっかりとした粘り気ともちもちした食感が魅力です。今年産同品種は、303haに作付けし、出荷量は約1,310tを見込みます。

  現在、筑後市のJA筑後CEでは、2基の乾燥・調製施設が稼働しています。2号基は、今年4月に機能向上工事が完了。1号基も、令和2年3月に工事が完了予定です。機能向上した施設では、最新の大型循環式乾燥機を導入したことで処理能力が向上。また、精米機の機能も向上させ、より高品質な保有米を精米し、農家に届けるよう取り組んでいます。乾燥・調製後は、CEなどの各施設から、全農ふくれんを通して出荷・取引されます。

 JA担当職員は「高品質な八女産米を有利販売できるよう、丁寧な作業を心掛けていきたい」と話していました。

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト