新着情報一覧

新着情報一覧

販売懇談会開き今年産米の販売方針を確認2019.09.27

現地で、今年産米の生育状況を確認する参加者
現地で、今年産米の生育状況を確認する参加者

 JAは、9月26日、筑後市で開いた「令和元年度米販売懇談会」に実需者を招き、今年産米の生育状況や今後の販売方針について確認しました。

 マーケットインに即した品種の作付け誘導や、実需者・消費者と産地の顔が見える産地指定契約の拡大に取り組むとともに、生産技術を向上し、集荷量の増大、農業者の所得増大に取り組みます。実需者や生産者、JA全農ふくれんを含むJA担当職員ら42人が参加しました。

 今年産米では、近年、中食・外食用米の需要が高まる中、「ヒノヒカリ」から業務用多収米「実りつくし」へ作付けを転換。作付面積を前年度の2haから84haと大幅に拡大します。

 また、生産技術向上への取り組みとして、土壌改良による収量増加、麦わら、稲わらのすき込みや流し込み施肥による生産コストの削減や労働力の低減を図ります。

 この日、懇談会の前に、筑後市の水稲ほ場2か所を視察し、生育状況を確認しました。今年産米は、田植え期の水不足や、出穂期の大雨などが懸念されましたが、生産者の管理により順調に生育。現在、「夢つくし」の収穫がほぼ終了し、以降主力品種「元気つくし」や「ヒノヒカリ」と続きます。全体で約5,160tの出荷量を見込みます。

 鵜木髙春JA組合長は、主催者あいさつで「今日も管内各地でコンバインが忙しく動き回っている。生産者や実需者・JAが一体となって安全・安心でおいしい八女産ブランド米の有利販売を目指していきたい」と述べていました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト