新着情報一覧

新着情報一覧

流し込み施肥法で労力軽減&米の安定生産へ2019.08.21

労力削減や安定生産のために試験導入された流し込み施肥作業
労力削減や安定生産のために試験導入された流し込み施肥作業

 JAと筑後市の農事組合法人「百世」は、水稲栽培での流し込み施肥法による、施肥作業の省力化や、米の安定生産に取り組んでいます。

 流し込み施肥法とは、ほ場の入水口より、肥料を溶かしながら流し込む追肥作業です。同市のい草(イグサ)栽培で取り組んでいた技術を応用しています。流し込み施肥により、肥料が水に流れて自然に分散・溶解することで労力軽減につながります。

 水稲栽培では、出穂時期に追肥をしていましたが、作業の省力化に向けて基肥一発肥料を使うようになりました。しかし、一発肥料の場合、近年は夏場の影響で、肥料の効果が長続きしなかったり、肥料の散布ムラが収量に影響したりする場合があったことから、流し込み施肥の試験導入を行いました。

 試験は、8月19日、同法人が「ヒヨクモチ」を栽培する約24aの水田で行いました。追肥用の肥料を43㎏投入し、肥料が溶解するまでに要した時間は約6分でした。1週間後にも同じ水田で追肥し、過程や結果を観察します。

 この取り組みは、JA自己改革の一環で、農業者の所得増大に向けたプロジェクトの一つです。JAとJA全農および担い手・営農サポートセンターが一体となって、平成26年から開始。対象の経営体に対して低コスト・省力化技術を提案し、シミュレーションによって所得が最大となるモデルを作成し、現地にて実証を図っています。最適な営農プランが実証できれば、管内の他経営体への普及を図り、JAの事業強化へ繋げたい考えです。

 JAの井上哲志TACは「今後も法人や各関係機関と連携を取りながら、農業者の所得増大に向けたさまざまな提案に力を入れていきたい」と話していました。190819流し込み施肥法で労力軽減&米の安定生産へ

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト