新着情報一覧

新着情報一覧

高糖度シャインマスカット出荷最盛2019.08.19

出荷が最盛期を迎えた「シャインマスカット」
出荷が最盛期を迎えた「シャインマスカット」

 福岡県内系統販売シェアの約6割を占めるJAぶどう部会で、令和元年産「シャインマスカット」の出荷が最盛期を迎えています。16日、筑後市のJA筑後中央集荷場では、2,064㎏が持ち込まれ、福岡や広島、関西の市場に出荷されました。9月下旬まで308tの出荷を見込みます。

 高糖度で皮ごと食べられ、消費者から人気の高い同品種。同部会では、高品質なものを手軽な価格で消費者に味わってもらおうと、食味を重視した房づくりにこだわり、350gパックを中心に販売しています。また、園地での収穫時や集荷場では、糖度18以上、酸度0.6%以下の基準で糖度検査を行っており、厳選したシャインマスカットのみを出荷しています。

 同部会では、314人のうち、142人が2,461aに同品種を栽培します。筑後市の生産者、田中毅さんは、約30aに同品種を栽培。16日は、約113㎏を同集荷場に持ち込みました。田中さんは今年産の出来について「今年産は梅雨明けが遅れた分、糖度ののりが少し遅れている。今から8月下旬にかけて、高糖度のおいしいブドウがたくさん収穫できそうだ」と話しています。

 田中さんは消費者が食べやすいブドウを作るため、1本の木に何房実らせるかなど、摘房、摘粒などに細かく気を配りながら栽培している。田中さんは「シャインマスカットの魅力は皮ごと食べられることと食味の良さ。JA産の高品質なブドウを全国の消費者に食べてもらいたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト