新着情報一覧

新着情報一覧

高級感溢れるスモモ「貴陽」出荷順調2019.07.03

化粧箱入りで出荷されるスモモ「貴陽」
化粧箱入りで出荷されるスモモ「貴陽」

 JAすもも部会で、6月23日から始まった高級感溢れるスモモ「貴陽」の出荷が順調に進んでいます。

 この日は、約700㎏がJA黒木選果場に持ち込まれ、福岡や関東、関西などの市場に出荷されました。7月下旬まで約28tの出荷を見込みます。

 「貴陽」は、重さが200g以上と通常のスモモよりも約3~4倍大きいです。糖度が16と同部会が出荷するスモモの中では一番甘く、果汁の多さが魅力です。品種特性上結実が難しく、高糖度で大玉ゆえに生産が難しいです。

 同部会では、同品種の中で特に大玉で高品質なものを化粧箱入り(1・2㎏)で出荷し、価格も2,000円前後と高値で取引されています。令和元年産は、生産者の徹底した栽培管理で順調に生育。着果も良く大玉に仕上がっています。

 同部会では21人が約240aに同品種を作付けします。すべて雨よけハウスで栽培しています。同部会では、より着果を良くするため、受粉の徹底や受粉樹の導入に部会全体で取り組んでいます。また、果樹の下に反射マルチシートを敷くことで、色付きの良いスモモを作るなど工夫しています。

 JA担当職員は「『貴陽』は全国的にも出回りが少なく、味も濃厚でおいしい。今年産も例年通り高品質に仕上がっているので是非食べてほしい」と話していました。

 同部会では、現在「ソルダム」を中心に毎日出荷が行われており、今後は、7月中旬から「太陽」の出荷が8月下旬まで続きます。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト