新着情報一覧

新着情報一覧

粒の甘さ凝縮 スイートコーン「恵味」出荷始まる2019.05.31

出荷前のスイートコーン「恵味」を手に笑顔の権藤さん
出荷前のスイートコーン「恵味」を手に笑顔の権藤さん

 JA稲富集荷場で、スイートコーン「恵味」の出荷が始まりました。粒の柔らかさと糖度18前後の甘さが魅力で、生でも食べられます。29日は、25箱(1箱4・5㎏)が持ち込まれ、JA農産物直売所「よらん野」などに出荷されました。今後は関西・中国・九州地方の市場を中心に6月下旬まで約4・6tを出荷します。

 令和元年産は、生育期の少雨や乾燥の影響でやや小ぶりですが品質は良好。粒がレモン色で光沢があり、食味の良いトウモロコシに仕上がっています。JA販売担当の職員は「スイートコーンは旬が約1カ月と短い。市場と取引しながら、高値での販売で生産者の所得増大に努めていきたい」と意気込みます。

 JA管内では、今年産は露地・ハウス栽培合わせて18人が約1haに同品種を作付けします。この日集荷場に持ち込んだ権藤哲明さんは八女市で15aに栽培します。権藤さんは「天候を小まめに確認するなど、防除のタイミングに気を配っている。「恵味」独特の甘さを味わって欲しい」と話していました。JA同直売所では今後、6月8日と9日に、新鮮な同品種が特価で試食・販売される「スイートコーンまつり」が開催される予定です。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト