新着情報一覧

新着情報一覧

麦収穫控え検査技能のさらなる向上へ2019.05.10

一皿ずつ等級と品種を鑑定するJA職員
一皿ずつ等級と品種を鑑定するJA職員

 福岡県内で麦の収穫を間近に控え、福岡県JA農産物検査協議会が主催する「令和元年産麦類検査技能確認会」が5月9日~21日の延べ5日間、県内4カ所で開かれています。

 麦の検査業務を円滑に進めるため、検査員の鑑定技能を再確認し検査技術の向上を図ることが目的です。県内の農産物検査員の資格を持つ職員や、専任検査員ら約250人、うちJAふくおか八女からは30人が参加します。

 9日にはJA全農ふくれん物流センターで確認会が開かれました。検査員は、丸皿に入れられた麦に顔を近づけ、粒の大きさやそろい具合等を一皿ずつ入念に確認。「チクゴイズミ」「ちくしW2号」といった普通小麦や普通大麦、ラー麦等計57点の等級や品種を鑑定しました。

 JA管内では、5月15日から大麦「はるしずく」の収穫が始まる見込みです。JA農畜産課の担当職員は「検査業務をスムーズに進めることで、高品質な麦出荷に努めていきたい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト