新着情報一覧

新着情報一覧

ダブル受賞記念し、日本一の大茶会を開催2015.03.24

日本一の煎茶を淹れる参加者
日本一の煎茶を淹れる参加者

 福岡県茶業振興推進協議会や福岡県茶生産組合連合会、福岡県茶商工業協同組合などで構成する日本一茶会実行委員会が3月22日、八女市の八女中央大茶園で、第68回全国茶品評会で普通煎茶4kg、玉露の部で最高賞の農林水産大臣賞に輝いたお茶を味わう「日本一の大茶会」を開きました。

 長年、目標であった煎茶、玉露の部でのダブル受賞を記念し初めて行ったもので、茶・食の有識者や一般の消費者など約50人が参加しました。

 全国でも有数の大茶園を望む特設会場で行った茶会では、最初にお茶結びプロジェクト理事長の徳永睦子さんが、皇風煎茶禮式によるお点前を披露。その後、参加者は淹れ方の説明を受けながら、煎茶を自ら入れる『自分茶器』と、ふた付きの茶碗を使って玉露をじっくりと味わえる『しずく茶』で、貴重な2つの日本一のお茶を味わいました。

 お茶を飲んだ参加者からは「とてもおいしい!煎茶、玉露ともに香りがよく甘みがすごい。もっと飲みたい」などの声が上がり大好評でした。

 県茶連の副会長で実行委員長を務めた久間一正さんは、受賞茶を栽培した生産者や受賞茶を落札した地元茶商への感謝のことばを述べた後、「2つのお茶を堪能してもらい日本一のお茶を味わっていただければと思い企画した。茶会を通してお茶のおいしさ、伝統文化を発信したい。今後も『福岡の八女茶』をさらに全国に発信していきたい」と話していました。

徳永理事長によるお点前披露㊧
徳永理事長によるお点前披露㊧

特設会場で行われた大茶会
特設会場で行われた大茶会

八女茶山唄などの郷土芸能披露
八女茶山唄などの郷土芸能披露
 150322茶会(HP) (1)

 

  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト