新着情報一覧

新着情報一覧

好天で高品質!ソラマメ出荷最盛2019.05.07

出荷されるソラマメを手に規格や品質を確認する生産者とJA職員
出荷されるソラマメを手に規格や品質を確認する生産者とJA職員

 JAそら豆研究会で、4月24日から始まった令和元年産ソラマメの出荷が最盛期を迎えています。今年産は、生育期に気温が高く推移したことや好天に恵まれ順調に生育。昨年よりも4日程早い初出荷となりました。JA園芸指導課の担当職員は今年産の出来について「霜や病害虫などの被害もなく、実の付きも良い」と高品質な仕上がりに自信を見せています。5月中旬まで約3,300㎏(昨年約2,600㎏)を、関東の市場まで出荷します。

 この日は生産者3人が、筑後市のJA筑後集荷場に24箱(1箱4㎏)を持ち込みました。箱詰めされたソラマメを手に取りながら、出来ばえや今後の出荷規格などについてJA職員も交えて確認しました。

 同研究会は、今年産は8人で約40aを露地栽培で作付けします。高品質なソラマメを出荷するため、定期的な栽培講習会や目合わせ会を開いています。気温の上がらない早朝に収穫することや、摘み取り部は莢(さや)から5mm程度にすること、色抜けや虫食いに注意することなどを共有し、規格や品質の高位平準に努めています。

 この日5箱を持ち込んだ大鶴久実さんは同市で約5a栽培します。大鶴さんは「今年は気候に恵まれ高収量が期待できる。食味良好のおいしいソラマメを消費者まで届けたい」と意気込みを話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト