新着情報一覧

新着情報一覧

ガーベラ記念日に合わせて町長にガーベラ贈呈2019.04.24

ガーベラを受け取った渡邉町長(写真㊨)と熊添部長(写真㊧)、山下副部長
ガーベラを受け取った渡邉町長(写真㊨)と熊添部長(写真㊧)、山下副部長

 JA花き部会広川ガーベラ部が4月24日、八女郡広川町の渡邉元喜町長にガーベラを贈りました。

 ガーベラが出荷最盛期を迎える4月に、地元特産品のガーベラをPRしようと日本ガーベラ生産者機構が制定した「ガーベラ記念日」の18日に合わせて毎年贈っています。

 熊添裕史部長と山下和彦副部長が広川町役場の渡邉町長を訪問。ピンクや赤、白、黄色やオレンジなど、色とりどりの大小のガーベラ100本をあしらった花束を渡邉町長に手渡しました。 

 西日本一の生産量を誇る同部は8人で約2・4haを作付けし、約130品種を栽培。昨年11月からインターネット販売「よらん野web」でギフト用に箱売りでの販売を始めるなど、市場や消費者のニーズに合わせた販売にも力を入れています。今年産は、11月頃から3月にかけての暖冬で株の成長も良く、花付きの良い高品質なガーベラに仕上がっています。

 ガーベラを受け取った渡邉町長は「ガーベラは広川町の主要農産物だ。今後も同町のさまざまな農産物の魅力をより一層PRしていきたい」と話していました。贈呈されたガーベラは、同町役場の1階エントランス付近に飾られます。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト