新着情報一覧

新着情報一覧

酒文化博で地元産トマトと豆腐をPR2019.04.08

お酒のつまみに地元産のトマトをPR
お酒のつまみに地元産のトマトをPR

 JA筑後地区センターは4月6日、筑後市の九州芸文館で開かれたイベント「筑後七国酒文化博」に出展参加し、地元産のトマトと豆腐を来場者にPRしました。

 イベントは「筑後七国」(筑後市・八女市・広川町・大木町・柳川市・大川市・みやま市)の9蔵元が用意した43銘柄の地酒を飲み比べ購入できるというものです。飲酒時にトマトを一緒に食べることで血中のアルコール濃度が低下するなど、お酒のつまみとして食べてもらおうと、完熟トマト158パック(1パック2玉)100円で、筑後市産大豆を皮ごとパウダーにして使用したよせ豆腐を38パック300円で販売。完売しました。

 来場者からは「お酒のつまみにぴったり」「みずみずしくておいしい」など好評でした。またトマトや豆腐には、Aコープで販売する「ラッキョウ酢」や筑後市産梨を原料に使用した「ちっご梨フルーツ醤油」をタレとしてかけてもらい、地元農産物もPRしました。

 JA担当職員は「トマトや豆腐は健康にも良いので、お酒のつまみに食べて是非地元産を楽しんでほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト