新着情報一覧

新着情報一覧

矢部集荷場でシュンギク出荷大詰め2019.03.04

出荷大詰めを迎えるシュンギクと山浦さん
出荷大詰めを迎えるシュンギクと山浦さん

 八女市矢部村のJA矢部集荷場で、シュンギクの出荷が大詰めを迎えています。この日は20袋(1袋150g)が持ち込まれ、福岡や北九州、山口などの市場に出荷されました。3月いっぱいまで続き、生産者10人で約2,000袋の出荷を見込みます。

 同集荷所では、昨年11月下旬からシュンギクの出荷が始まりました。今年度産は天候に恵まれ順調に生育。葉や茎が太く、色艶も良く高品質に仕上がっています。生産者は、家庭菜園など他の作物と一緒に少量多品目でシュンギクを栽培しています。

 4日にシュンギクを持ち込んだ、山浦辰行さん(66)は、約1aでシュンギクをハウス栽培しています。ピーク時には50袋を持ち込むこともあるそうです。年間で約1,400袋を出荷しています。山浦さんは10年以上、ほぼ無農薬でシュンギクを栽培。ハウスの周囲にネットを張るなどして防除対策を徹底しています。

 年間通して、約10種類の野菜を25aで栽培する山浦さん。「シュンギクは、一度収穫してもすぐ脇芽が出てくるので場所を取らず、他の野菜と比べても手間がかからないことが魅力」と話します。夏秋ナスを主に栽培していることや、労働力も妻と2人で少ないことから、冬場のシュンギク栽培で効率よく所得増大に取り組むことができているといいます。山浦さんは「例年と比べて、今年度産は収量も質も良い。鍋物やサラダなどに使って、この時期の食卓を彩ってほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト