新着情報一覧

新着情報一覧

「幸福を運ぶ黄色い花」洋ラン「ハニードロップ」出荷順調2019.01.24

黄色一色で花びらが美しい「ハニードロップ」
黄色一色で花びらが美しい「ハニードロップ」

 JA洋ラン部会で、洋ラン(オンシジューム)「ハニードロップ」の出荷が順調です。JA管内は洋ランの生産量日本一を誇ります。中でも「ハニードロップ」は、黄色一色で柄がない花びらが優雅な印象を残し、消費者から特に人気があります。「幸福を運ぶ黄色い花」というキャッチコピーから、ブライダル関係での需要も高いです。19日は、JAフラワーセンター八女に400箱が持ち込まれ、関東から九州までの市場に出荷されました。洋ラン全体で、年間生産量100万本、販売高1億3,000万円を見込みます。

 JA同部会は、田中一稔部会長を中心に、16人で約3haを作付けします。ハウス栽培で周年を通して出荷されており、9~10月に最盛期を迎えます。毎年、全体の3割程度の株を更新することで、より若く花付きの良い洋ラン栽培・出荷に努めています。

 平成30年産は、生育期の好天に恵まれたことや、ハウス内の栽培管理を徹底したことで順調に生育。比較的若い株が多かったことから、上位階級での出荷が続くなど、高品質に仕上がっています。

 JA担当職員は「JA産の洋ランは、一般に流通している輸入物と比べても花びらが美しく、日持ちも2週間程度と良い。家庭に飾ってそのエレガントさを楽しんでほしい」と話していました。

 

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト