新着情報一覧

新着情報一覧

品質良好!「博多アスパラガス」出荷始まる2019.01.24

高品質に仕上がった「博多アスパラガス」
高品質に仕上がった「博多アスパラガス」

 JAアスパラガス研究会で、1月17日から、「博多アスパラガス」の出荷が始まりました。八女市のJA稲富集荷場には現在、週3回集荷が行われています。この日は、生産者2人が6㎏を持ち込み、JA職員によって選別された後、関西の市場に出荷されました。今後収量が増える2月下旬から連日出荷となります。3月中旬に春芽、7月上中旬に夏芽の出荷最盛期を迎え、10月いっぱいまで続く予定です。年間で出荷量82t、販売金額1億円を目指します。

 アスパラガスは年間を通して栽培でき、1度定植すると10年以上収穫が可能となるため、生産者に人気の高い作物の一つです。この日集荷場に持ち込んだ、アスパラガス栽培2年目の深町修さん(70)は、約13aに作付けします。深町さんは「ハウス内の温度管理など、比較的手入れがかからなくて栽培しやすい」とアスパラガスの魅力について話しています。今年産は、秋冬季の天候に恵まれ、株への養分蓄積が十分であることが予測されるため、太く高品質なアスパラガスに仕上がることが期待できます。

 同研究会は、今年産は43人で4・9haを作付け。栽培講習会を定期的に実施し、有機物施用を中心とした土作りなど栽培管理の徹底に努めています。また、夏芽の販売対策の一つとして、関係市場での試食会を計画し、消費拡大にも取り組んでいます。

 深町さんは「アスパラガスは子どもから大人まで食べやすく栄養価も高い。食味の良さを楽しんでほしい」と話していました。

  • JA広報誌「Wing」
  • おすすめレシピ
  • 家庭菜園
  • netアグリ市況
  • 新規就農者募集
  • 八女茶サポーター募集!
  • 今こそ農業塾!
  • 八女から旬をお届けします「よらん野Web」
  • 採用情報
  • JAグループ 耕そう、大地と地域のみらい。
  • 農業情報システムログイン
  • JAネットバンク
  • 法人JAネットバンク
  • ローン審査申込受付サービス
  • 全農食品オンラインショップ
  • もしもの時の緊急時ガイド
みんなのよい食プロジェクト